ボルボC40 Rechargeにエントリーモデルを追加

製品情報
  • シングルモーターモデルを加え、ラインナップを拡充。600万円を切る価格を実現
  • 4月21日よりオンラインストアで予約注文開始、デリバリーは2022年秋を予定
  • ツインモーターモデルにインテリア仕様を追加。装備設定を見直し、新価格を適用

ボルボ・カー・ジャパン株式会社(代表取締役:マーティン・パーソン、本社:東京都港区)は、電気自動車のボルボC40 Rechargeのラインナップに、シングルモーターの前輪駆動モデルを追加するとともに、一部仕様を変更し、4月21日よりオンラインストアでの販売を開始します。なお、今回発表する仕様のお客様へのデリバリーは、本年秋の予定です。

ボルボC40 Rechargeは2021年11月に国内発表されたボルボが初めて日本国内で販売する電気自動車で、クーペとSUVが融合したスタイリッシュなクロスオーバーのデザインや、完全なレザー(本革)フリーインテリア、リサイクル素材の積極的な採用を特徴としています。日本導入を記念し、100台限定のサブスクリプション・キャンペーンを実施し、販売予定台数の約6倍の申し込みを獲得するなど、大きな注目を集めています。

今回の仕様変更は、幅広いお客様のご要望に応えするため、前輪駆動のシングルモーターモデル「C40 Recharge Plus Single Motor」をラインナップに加えました。容量69kWの駆動用リチウムイオンバッテリーによって前輪に設置されたモーターを駆動し、EV走行距離は434km※(欧州WLTPモード)に達します。メーカー希望小売価格は5,990,000円とし、よりお求めやすい価格を実現しました。

全輪駆動のツインモーターモデルはモデル名を「C40 Recharge Ultimate Twin Motor」へ変更し、従来標準装備としていたピクセルLEDヘッドライトがオプション装備となり、メーカー希望小売価格は6,990,000円へ変更されました。ツインモーターモデルには、新たにオレフォス社製クリスタル・シフトノブが装着されるテイラードウールブレンドシートの内装仕様がオプションとして追加設定されました。

さらに、C40 Recharge全車のルーフピラーおよびルーフスポイラーについて、ボディカラーとの同色化が図られるとともに、ボディカラーにオニキスブラックメタリックが追加されました。

ボルボ・カーズでは2030年までに新車販売の100%を電気自動車にすることを目標としており、日本においても2025年に新車販売の40%、10,000台の電気自動車を販売する計画です。C40 Rechargeのモデルラインナップ拡充は、日本国内における電気自動車の販売拡大の戦略に沿ったものです。

※C40 Recharge Plus 日本仕様の一充電走行距離は未定です

メーカー希望小売価格は以下の通りです。

■ボルボC40 Recharge希望小売価格

※駆動用バッテリーは急速充電:150kW(CHAdeMO)まで対応、普通充電: 9.6kW(AC200Vの場合)まで対応しています。
※C40 Recharge Plus Single Motorの電動機出力値は参考情報となります。

*メインカットの外観写真は、左奥がC40 Recharge Plus Single Motor、右手前がC40 Recharge Ultimate Twin Motorです

  • MY23 C40 Recharge 外観写真

    MY23 C40 Recharge 外観写真

    製品情報
    画像ダウンロード
  • テイラードウールブレンドシート

    テイラードウールブレンドシート

    製品情報
    画像ダウンロード
  • テイラードウールブレンドシート(クローズアップ)

    テイラードウールブレンドシート(クローズアップ)

    製品情報
    画像ダウンロード
  • オレフォス社製クリスタルシフトノブ

    オレフォス社製クリスタルシフトノブ

    製品情報
    画像ダウンロード