ボルボ・カーズ、ストックホルムに700人規模のテック拠点を新設

企業情報

ボルボ・カーズは、スウェーデンの首都ストックホルムの中心部にある既存のテック拠点に投資し、ソフトウェアエンジニアリング、データサイエンスと分析、製品管理、オンラインビジネス、ユーザーエクスペリエンスに長けた700人以上の専門家のためのワークスペースを創設することで、同地でのプレゼンスを拡大します。

このテック拠点は、ストックホルム中心部の拠点を拡張するもので、ボルボ・カーズが進めている変革において重要な注力分野である、オンライン販売とソフトウェア製品開発において既に確立した必要な能力を基準に構築される予定です。この拡張により、ボルボ・カーズの力強い成長を支えるとともに、新車販売の少なくとも半分をオンラインで販売し、ソフトウェアの少なくとも半分を自社開発するという、高い目標を2020年代半ばに実現するものです。

ボルボ・カーズは、このテック拠点に世界中から数百人の新しいチームメンバーを集めることを目標としています。ストックホルムは世界的に成功を収めている10億ドル規模のハイテク企業数社の本拠地であり、またその発祥地でもあり、世界のハイテクシーンにアピールすることができます。

ボルボ・カーズのコーポレート・ファンクション部門の責任者であるハンナ・フェイガーは、「適切な能力と価値観を持った人材が、私たちの高い目標の実現に違いをもたらし、それが新たなテック拠点をつくろうとしている理由です。ストックホルムは技術系人材のホットスポットであり、世界中から人を集めるために、革新的で創造的、かつ協力的なワークスペースをつくりたいと考えています。そのプロセスはすでに始まっており、現在、当社を前進させてくれる新しいチームメンバーを世界中から募集しています」と述べています。

ボルボ・カーズのオンライン販売への移行は、何百万人もの消費者と直接関係を持ち、急成長する高級プレミアム電気自動車の分野でリーダーとなることを目指す上で不可欠なものです。オンライン販売と直接的な関係への注力には、透明な価格設定、明確な製品情報、納期の明確化など、ボルボ車の注文のための簡潔で分かりやすいプロセスの構築も含まれます。

ボルボ・カーズの最高技術責任者であるヘンリック・グリーンは、「私たちは、技術によって車をより安全に、電動化によってより持続可能にすることに加え、世界をリードする消費者体験を通じて、車の所有をよりパーソナルなものに根本的に変えたいと考えています。そのため、私たちは製品と技術に投資し、製品管理からソフトウェアエンジニアリング、ユーザーエクスペリエンスに至るまで、豊富な人材にアクセスできるようストックホルムに進出しているのです」と述べています。

ボルボ・カーズは、ソフトウェア開発を社内で行っています。それは、オンラインの目標を達成するためであり、また、自動車が従来の自動車の特性ではなく、ソフトウェアによって定義されるようになってきているためです。最高のソフトウェアによる車を作り、ソフトウェアの自社開発による最大のメリットを得るために、ボルボは電気自動車内のコンピューティングを強力なコアシステムに集中化することも進めています。これにより、ボルボ・カーズは、無線アップデートによって新しいソフトウェアや機能をお客様の車に導入し続け、より良く、より楽しい車を提供し続けることができます。

テック拠点のワークスペースは、今年後半に改装され、最新化される予定で、ストックホルム地域全体のビジネスの拠点としても機能します。

2020-2021年のボルボ・カーズ
2020年7月から2021年6月までの12ヶ月間、ボルボ・カー・グループは225億SEK(2,783億円)の営業利益を記録しました(2019年は143億SEK(1,769億円))。同期間の売上は2,921億SEK(3兆6,133億円)(2019年は2,741億SEK(3兆3,906億円))、世界販売台数は773,000台に達しました。

ボルボ・カー・グループについて
ボルボ・カーズは1927年に創業された高級自動車ブランドの一つであり、現在、約100カ国以上でお客様に販売されています。ボルボ・カーズは、ナスダック・ストックホルム証券取引所に上場しており、「VOLCAR B」というティッカーで取引されています。ボルボ・カーズは、それぞれに合わせた、持続可能かつ安全な方法で、お客様に「移動する自由」を提供することを目指しています。これは、2030年までに完全な電気自動車メーカーになるという目標と、2040年までにクライメート・ニュートラルな企業になるという目標を掲げて、カーボンフットプリントを継続的に削減することに反映されています。

2020年12月現在、ボルボ・カーズの正社員は約40,000人です。ボルボ・カーズの本社、商品開発、マーケティング、管理機能は、主にスウェーデンのイェーテボリにあります。生産工場は、イェーテボリ(スウェーデン)、ゲント(ベルギー)、サウスカロライナ(米国)、成都および大慶、台州(中国)にあります。また、イェーテボリ、カマリロ(米国)、サニーベール(米国)、上海(中国)に研究開発及びデザインセンターを有しています。

本プレスリリースは、311日スウェーデン本社発の翻訳版です

  • Volvo_Cars_to_open_new_700-job_tech_hub_in_Stockholm001

    Volvo_Cars_to_open_new_700-job_tech_hub_in_Stockholm001

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Volvo_Cars_to_open_new_700-job_tech_hub_in_Stockholm002

    Volvo_Cars_to_open_new_700-job_tech_hub_in_Stockholm002

    企業情報
    画像ダウンロード