ボルボ・カーズとクアルコムが提携 業界最高水準のインフォテイメント・システム性能を実現

企業情報

ボルボ・カーズは、クアルコム・テクノロジーズのSnapdragon* Cockpit Platformsを使用し、ボルボおよびポールスターの次世代の電気自動車に搭載するGoogle Android Automotiveベースのインフォテインメントシステムを次のレベルへ進化させる予定です。

ボルボ・カーズとテクノロジー企業であるクアルコムの研究開発能力を活用することで、Google Androidを搭載したボルボの次世代インフォテインメントシステムの全体的な機能を向上させ、より高速でより応答性の高いシステムを実現します。

クアルコムのSnapdragon Cockpit Platformsは、高性能コンピューティングの中心的なハブとして設計されています。近い将来発売するポールスター 3 SUVやボルボ・カーズの次世代のSUV電気自動車で、ハイレベルなグラフィックやオーディオ、人工知能の要件を満たすことができ、しかも消費電力が非常に低くなります。

最新のSnapdragonオートモーティブ・プラットフォームを使用することで、ボルボ・カーズの次世代インフォテインメントシステムは現行の2倍以上高速化し、グラフィックス生成能力は最大10倍まで高速化される予定です。

ボルボ・カーズにとって、2030年までに完全な電気自動車会社となり、プレミアム電気自動車セグメントにおけるリーダーとなるための移行は、単に電気自動車を提供するだけでなく、シームレスなコネクティビティ、業界最高水準の安全基準、高度な自動運転、最高のユーザー体験を提供することも意味しています。これらの高い目標をサポートするために、ボルボ・カーズは世界のテクノロジー・リーダーと協力し、実現に向けた活動を行っています。

ボルボ・カーズの製品開発責任者であるヘンリック・グリーンは、「ボルボ・カーズは、クアルコム・テクノロジーズやGoogleのような技術リーダーと協力し、お客様に最高の体験を提供することを信条としています。クアルコムの技術が当社の近い将来発売するSUV電気自動車に搭載されれば、当社のGoogle Androidベースのインフォテインメントシステムは次のレベルに到達するでしょう」と述べています。

クアルコムとGoogleの協力により、ボルボ・カーズは次世代の電気自動車で業界をリードするビデオ、オーディオ、コネクティビティ性能を実現することができます。

Qualcomm Europe, Inc.のシニア・バイス・プレジデント兼ヨーロッパ/MEA担当プレジデントであるエンリコ・サルバトーリ氏は、「私たちの目標は、最先端の拡張性とアップグレード性のある技術を統合し、現在および将来にわたってお客様にプレミアム体験を提供することで、ボルボ・カーズをサポートすることです。クアルコムは、エンジニアリング、サービス、製品マーケティング、市場開拓にまたがる、ヨーロッパにおける自動車分野の強力な組織力を誇りに思います」と述べています。

この提携には、無線で継続的に展開される将来の改良も含まれています。また、ボルボ・カーズが今後もプレミアムでコネクティッド、インテリジェントでレスポンスの良い車内体験を提供できるようにするための、強固な基盤を構築するものです。

編集者注:
*Snapdragon Cockpit Platformsは、Qualcomm Technologies Inc.の登録商標です。

2020-2021年のボルボ・カーズ
2020年7月から2021年6月までの12ヶ月間、ボルボ・カー・グループは225億SEKの営業利益を記録しました(2019年は143億SEK)。同期間の売上は2,921億SEK(2019年は2,741億SEK)、世界販売台数は773,000台に達しました。

ボルボ・カー・グループについて
ボルボ・カーズは1927年に創業された高級自動車ブランドの一つであり、現在、約100カ国以上でお客様に販売しています。ボルボ・カーズは、ナスダック・ストックホルム証券取引所に上場しており、「VOLCAR B」というティッカーで取引されています。

ボルボ・カーズは、それぞれに合わせた、持続可能かつ安全な方法で、お客様に「移動する自由」を提供することを目指しています。これは、2030年までに完全な電気自動車メーカーになるという目標と、2040年までにクライメート・ニュートラルな企業になるという目標を掲げて、カーボンフットプリントを継続的に削減することに反映されています。

2020年12月現在、ボルボ・カーズの正社員は約40,000人です。ボルボ・カーズの本社、商品開発、マーケティング、管理機能は、主にスウェーデンのイェーテボリにあります。生産工場は、イェーテボリ(スウェーデン)、ゲント(ベルギー)、サウスカロライナ(米国)、成都および大慶、台州(中国)にあります。また、イェーテボリ、カマリロ(米国)、サニーベール(米国)、上海(中国)に研究開発及びデザインセンターを有しています。

クアルコムについて
クアルコムは、世界が接続、計算、通信する方法を変革する画期的な技術を発明しています。私たちが電話をインターネットに接続したとき、モバイル革命が生まれました。今日、当社の発明は、人生を変えるような製品、体験、そして産業の基盤となっています。

私たちは、世界を5Gに導くとともに、この携帯電話技術の次の大きな変化が、インテリジェントな接続デバイスの新しい時代に拍車をかけ、コネクテッドカー、ヘルスケアサービスの遠隔提供、スマートシティ、スマートホーム、ウェアラブルなどのIoTにおける新しい機会を可能にすることを想定しています。

Qualcomm Incorporatedには、当社のライセンスビジネスであるQTLと、特許ポートフォリオの大半が含まれています。Qualcomm Incorporatedの子会社であるQualcomm Technologies, Inc.は、その子会社とともに、当社のエンジニアリング、研究開発機能、およびQCT半導体事業などの製品・サービス事業の実質的なすべてを運営しています。

詳細については、クアルコムのWebサイトOnQブログTwitterFacebookページをご覧ください。

本プレスリリースは、14日スウェーデン本社発の翻訳版です

  • Volvo Cars Snapdragon

    Volvo Cars Snapdragon

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Volvo Cars - dashboard illustration

    Volvo Cars – dashboard illustration

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Volvo Cars - Qualcomm Snapdragon Animation

    Volvo Cars – Qualcomm Snapdragon Animation

    企業情報
    動画ダウンロード
  • Volvo Cars cheif_product officer Henrik Green Q A video on Qualcomm

    Volvo Cars cheif_product officer Henrik Green Q A video on Qualcomm

    企業情報
    動画ダウンロード