ボルボV60 B4に新開発DCT採用、燃費を大幅に向上

製品情報

ボルボ・カー・ジャパン株式会社(代表取締役:マーティン・パーソン、本社:東京都港区)は、プレミアムミッドサイズステーションワゴンV60のB4パワートレーン搭載車に、新開発7速DCT(デュアル・クラッチトランスミッション)を搭載し、12月16 日(木)より発売します。

新開発の7速DCT は、V60のエントリーグレードとなるB4 Momentumに採用され、ドライバビリティと燃費の大幅な向上を図りました。

新開発7DCT
優れた燃費性能と走行性能と実現する新しいDCTは、湿式デュアル・クラッチ採用し、電子制御の機械式ギヤシフトアクチュエーター採用したことが特徴です。また、一定の条件下では、アクセルオフによるコースティング時に、エンジンを停止させることにより、更なるエネルギー効率の改善が図られています。

この7速DCTの搭載によって、WLTCモードによる燃料消費率が従来の13.7Km / ℓから15.4Km / ℓと12.4%向上し、令和12年度燃費基準65%達成(パノラマ・ガラス・サンルーフ装着車:70%達成)により、エコカー減税(自動車重量税)25%軽減、環境性能割税率 2%が適用となります。
尚、新7速DCT搭載による希望小売価格の変更はありません。

V60 希望小売価格

燃料消費率 WLTCモード: V60 B4 15.4km/ℓ、V60 B5 13.7km/ℓ、V60 Recharge Plug-in hybrid T6 13.7km/ℓ

  • V60 B4 Momentum_001

    V60 B4 Momentum_001

    製品情報
    画像ダウンロード