ボルボ「XC40」に新パワートレーン導入と一部価格変更

製品情報

ボルボ・カー・ジャパン株式会社(代表取締役:マーティン・パーソン、本社:東京都港区)は、プレミアムコンパクトSUV「XC40」に新パワートレーンを導入するとともに、一部価格変更して11 月24 日(水)より発売します。

XC40は2018年3月にボルボ初のコンパクトSUVとして導入され、幅広い年齢層のお客様から支持されており、2021年(1月~10月)においてはボルボブランドの国内最量販車種となっています。

今回新たに、全48Vハイブリッドモデルに新開発7速DCTを採用し、ドライバビリティと燃費の向上を図りました。併せてB3パワートレーンを初導入し、従来のB4(ベースグレード)、B4 Momentum(FWD)に替わるB3(ベースグレード)、B3 Momentum(FWD)を新たに設定し、400万円を切るエントリー価格を実現しています。

新開発B3パワートレーン
今回新たに導入する、新開発のB3パワートレーンは、2リッター4気筒直噴ターボに48Vハイブリッドシステムを搭載し、最高出力120kW(163ps)、最大トルク265Nmを発生します。トランスミッションに新開発7速DCTを採用し、燃費はWLTCモードで14.8km/ℓ(国土交通省申請値)となります。また、B4 AWDパワートレーンにも、新たに7速DCTを採用し、燃費は14.2km/ℓ(WLTC、国土交通省申請値)となります。
XC40希望小売価格

  • MY22 XC40B3Momentum サンダーグレー

    MY22 XC40B3Momentum サンダーグレー

    製品情報
    画像ダウンロード