ボルボ・カーズ、2021年上半期に過去最高の半期業績を発表

企業情報
  • 売上高は1,411億SEK(スウェーデン・クローナ)(1,117億)、26.3%増
  • 営業利益は132億3,800万SEK(▲9億8,900万)に増加
  • EBITマージンは9.4%(▲0.9%)
  • 1株当たり利益は163.63 SEK(▲35.99)
  • 販売台数は41.0%増加し、過去12ヶ月間の販売台数は約775,000台に
  • 電動化された "Recharge "ラインアップは総販売台数の25%に ※(  )内は前年同期実績

ボルボ・カーズは本日、全世界で需要が高まる中、94年の歴史の中で最高の売上高と営業利益を達成しました。

半期決算報告書はこちら(英語)からご覧いただけます。好調な需要とバランスの取れた販売車種構成により、売上高は26%増の1,410億SEKを達成しました。2021年上半期の営業利益は132億SEKで営業利益率は9.4%となりました。

販売台数は、パンデミックの影響を受けた2020年と比較して41%回復しました。パンデミックの混乱がない、より適切な比較対象である2019年の上半期と比較しても12%の力強い成長を示しました。
12ヵ月間の通算販売台数は約77万5,000台で、10年前に設定した目標の80万台にわずかに届きませんでした。

ボルボ・カーズのCEOであるホーカン・サムエルソンは「業界全体の半導体不足にもかかわらず、当社は力強い成長を続けました。それよりも重要なのは、当社が自動車業界で進行中の変革をリードする存在であることを示せたことです」と述べました。

ボルボ・カーズは、この業界で最も早く変革を遂げる企業となり、2030年までに完全な電動化を実現することを目指しています。

ボルボの電気自動車の魅力は、上半期の充電可能なリチャージモデルの需要によって実証されました。
ボルボの電気自動車およびプラグインハイブリッド車の販売台数は大幅に増加し、現在、全世界の販売台数の25%を占めています。これは、総販売台数に占める電動車の割合としては、伝統的な自動車メーカーの中で最も高いものです。

完全な電動化に向けた動きの一環として、当社は2番目の電気自動車であるボルボC40リチャージを発売しました。同時に、消費者行動の変化に対応するため、オンライン販売の戦略を固めました。
今後、すべての電気自動車モデルは、volvocars.comで販売され、お客様は、自宅やボルボスタジオ、または販売店と一緒に、お好きな場所で注文することができます。現在、いくつかの市場でオンライン販売を開始しており、サービス、消耗品、保険などのケアパッケージを含む、透明で柔軟な消費者向けサービスを提供しています。ボルボ・カーズのサブスクリプションサービスであるCare by Volvoは、最初の6ヵ月間で5倍に増加し、10,000件以上の契約がありました。

持続可能なバッテリーを確保することは、ボルボ・カーズの変革にとって重要です。そのため、次世代バッテリーセルの共同開発・製造の戦略的パートナーとして、Northvolt(ノースボルト)と協業することを計画しています。

電動化への注力を確実にするために、Volvo Carsは内燃機関事業を、Geely Holdingが主要株主となるAurobayという新しいユニットに分割します。Volvo Carsは、Aurobayを通じて、シナジー効果を発揮するとともに、完全電動化までの間、ハイブリッドパワートレイン用の競争力のある内燃機関の供給を確保します。

「ボルボ・カーズには、10年以上にわたって変革を成功させてきた実績があります。自動車業界はこれまで以上に変化しており、私たちは最速の変革者になるという強い決意を持っています」とホーカン・サムエルソンは述べています。

5月、取締役会は、Nasdaq Stockholmでの新規株式公開(IPO)の可能性を評価していることを発表しました。評価プロセスは継続しています。

ボルボ・カーズは、残りの半期を見て、通期の見通しを改めて発表しました。半導体の供給が改善されない限り、顧客の強い需要にもかかわらず、下半期の売上高および収益は前年同期比で横ばいになると予想しています。

2020年のボルボ・カー・グループ
2020年度のボルボ・カー・グループの営業利益は85億SEK(スウェーデン・クローナ)(2019年度は143億SEK)を記録しました。売上高は2,628億SEK(前年2,741SEK)に達しました。2020年通年の世界販売台数は661,713台(705,452台)で、2019年と比較して6.2%の減少となりました。

ボルボ・カー・グループについて
ボルボ・カーズは、1927年に創業した高級自動車ブランドの一つで、2020年には約100カ国で66万1713台を販売しています。2020年12月現在、ボルボ・カーズの正社員は約40,000人(前年41,500人)で、ボルボ・カーズの本社、商品開発、マーケティング、管理機能は主にスウェーデンのイェーテボリにあり、アジア太平洋地域本社は中国・上海にあります。主な生産拠点は、イェーテボリ(スウェーデン)、ゲント(ベルギー)、サウスカロライナ州(米国)、成都および大慶(中国)で、そのほかショブデ(スウェーデン)と張家口(中国)にエンジン工場があり、オルフストローム(スウェーデン)に車体部品工場があります。
ボルボ・カーズは、企業目標「Freedom to Move(モビリティの自由)」のもと、個々のニーズを満たせる持続可能で安全なモビリティをお客様に提供することを目指しています。この目標のもと、今後5年間で電気自動車の世界販売台数を50%にし、500万人のお客様とのダイレクトコンシューマービジネスの確立を目指しています。また、ボルボ・カーズは2040年までにクライメート・ニュートラルを実現することを目標に、CO2排出量の継続的な削減に取り組んでいます。

本プレスリリースは、723日スウェーデン本社発の翻訳版です