ボルボ・カーズ、ソフトウェア開発を内製化し、 将来のボルボ車に独自のボルボ・オペレーティング・システムを採用

企業情報

ボルボ・カーズは、従来の自動車が備えていた機能や特徴ではなく、ソフトウェアによる機能や特徴が車の魅力をより決定づけるようになると考え、ソフトウェア開発を社内で行うことにしました。

次世代の電気自動車専用の技術ベースを用いた最初のSUV電気自動車は、ボルボ・カーズ独自のOS(オペレーティング・システム)であるVolvoCars.OSで動作し、より迅速で柔軟な開発が可能になります。またお客様が所有する車は乗り続ける限り、より頻繁にOTA(無線アップデート)が行われることで、日々より良いものになります。

VolvoCars.OSは、ボルボの電気自動車のための包括的なシステムとして機能します。VolvoCars.OSは、車両とクラウドにまたがるボルボのさまざまなOSを統合し、1つのまとまったソフトウェアOS環境を構築します。さまざまなOSには、Android Automotive OS、QNX、AUTOSAR、Linuxが含まれます。

VolvoCars.OSは、先に発表されたExtended Vehicle API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を含む様々なAPIを通じて、お客様の同意を得た上で、車両センサーデータなどの車内機能やユーザーインターフェース、フリートデータなどのクラウドベースの機能へのアクセスを開発者に提供します。これにより、開発者はボルボ車向けの新しいサービスやアプリケーションを作ることができます。

最高技術責任者のヘンリック・グリーンは「ソフトウェアを自社開発することで開発スピードを上げ、お客様のボルボを今よりも早く改善することができます。スマートフォンやパソコンと同じように、新しいソフトウェアや機能をOTAで迅速に提供することができ、時間の経過とともに、お客様のボルボをより良く、より楽しくすることができます」と述べています。

ボルボ・カーズは、ソフトウェアの自社開発のメリットを最大限に生かすため、電気自動車内のコンピューティングをコアシステムに集中させ、多くの複雑さを排除しています。個々の機能やシステムを制御する車内の複数の電子制御ユニットに頼るのではなく、社内で開発したソフトウェアを車内の強力なコア・コンピューティング・システムで実行することが増えていきます。

2022年に発表されるボルボの新モデルに初めて搭載されるコア・コンピューティング・システムは、3つのメイン・コンピュータで構成されています。これらは、ビジョン処理と人工知能、一般的なコンピューティング、インフォテインメントをそれぞれ実行する際に、互いにサポートし合います。

ボルボ・カーズは、コア・コンピューティングへの移行により、ハードウェアをソフトウェアから徐々に分離していきます。これは、ハードウェアの入れ替えをより頻繁に実行できることを意味し、ボルボの新型車により最新のハードウェアを搭載できるようになります。

ボルボ・カーズは、自社開発とコア・コンピューティングへの移行を、主要なテクノロジー企業と協力して進めています。その中には、コアシステムの開発に協力しているNVIDIA(エヌビディア)や、インフォテインメントシステムの共同開発パートナーであるGoogle(グーグル)などが含まれています。

ヘンリック・グリーンは「私たちは、必要のあるところで、真の技術リーダーと提携するという意図的な戦略を持っています。Googleは、GoogleマップからGoogleアシスタントに至るまで、ユーザー・エクスペリエンスとサービスにおいて真のリーダーであり、一方、NVIDIAは、最速かつ最高のコンピューティングへのアクセスを提供してくれています。このように、戦略的パートナーシップを選択するアプローチは、すべてを自力でやろうとするよりも遥かに効果的です」と述べています。

ボルボ・カーズがそれぞれのテクノロジー・リーダーとのコラボレーションを成功させ、顧客に最高のユーザー・エクスペリエンスを提供することは、オープンAPIを通じてサードパーティのイノベーションにVolvoCars.OSを開放するという決断の原動力にもなっています。

本日の発表は、第1回Volvo Cars Tech Momentと連動しています。このイベントは、こちらからライブオンデマンドでご覧いただけます。

2020年のボルボ・カー・グループ
2020年度のボルボ・カー・グループの営業利益は85億SEK(スウェーデン・クローナ)(2019年度は143億SEK)を記録しました。売上高は2,628億SEK(前年2,741SEK)に達しました。2020年通年の世界販売台数は661,713台(705,452台)で、2019年と比較して6.2%の減少となりました。

ボルボ・カー・グループについて
ボルボ・カーズは、1927年に創業した高級自動車ブランドの一つで、2020年には約100カ国で66万1713台を販売しています。2020年12月現在、ボルボ・カーズの正社員は約40,000人(前年41,500人)で、ボルボ・カーズの本社、商品開発、マーケティング、管理機能は主にスウェーデンのイェーテボリにあり、アジア太平洋地域本社は中国・上海にあります。主な生産拠点は、イェーテボリ(スウェーデン)、ゲント(ベルギー)、サウスカロライナ州(米国)、成都および大慶(中国)で、そのほかショブデ(スウェーデン)と張家口(中国)にエンジン工場があり、オルフストローム(スウェーデン)に車体部品工場があります。
ボルボ・カーズは、企業目標「Freedom to Move(モビリティの自由)」のもと、個々のニーズを満たせる持続可能で安全なモビリティをお客様に提供することを目指しています。この目標のもと、今後5年間で電気自動車の世界販売台数を50%にし、500万人のお客様とのダイレクトコンシューマービジネスの確立を目指しています。また、ボルボ・カーズは2040年までにクライメート・ニュートラルを実現することを目標に、CO₂排出量の継続的な削減に取り組んでいます。

本プレスリリースは、6月30日スウェーデン本社発の翻訳版です    

  • Tech Moment - Core computing

    Tech Moment – Core computing

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Tech Moment - Core computing animation

    Tech Moment – Core computing animation

    企業情報
    動画ダウンロード