ボルボ・カーズ、自動車メーカーとして初めてSSAB社と化石燃料を使わない製鉄の研究を開始

企業情報

ボルボ・カーズは、スウェーデンの鉄鋼メーカーであるSSABと提携し、自動車業界で使用される化石燃料を使わない高品質な鉄鋼の開発を共同で検討しています。

このコラボレーションにより、ボルボ・カーズは、SSABとそのHYBRITイニシアチブに協力する最初の自動車メーカーとなります。HYBRITイニシアチブは、鉄鋼業界で最も野心的で先進的な非化石スチール開発プロジェクトです。

HYBRITは、SSAB、鉄鉱石メーカーのLKAB、エネルギー会社のVattenfallが共同で立ち上げました。このプロジェクトは、鉄鉱石を原料とした製鉄に従来必要とされていた原料炭を、化石燃料を使用しない電気と水素で代替することを目指しています。その結果、世界初の化石燃料を使用しない製鉄技術となり二酸化炭素排出量がほとんどないことが期待されています。

このコラボレーションの一環として、ボルボ・カーズはスウェーデンのルレオにあるHYBRITのパイロットプラントで製造された水素還元鉄から作られたSSABのスチールを確保する最初の自動車メーカーとなります。このスチールは、テスト目的で使用され、コンセプトカーに使用される可能性もあります。

2026年には、SSABは化石燃料を使用しないスチールを商業規模で市場に供給することを目指しています。同時に、ボルボ・カーズは、自社の生産車に化石燃料を使用しない鉄を用いる最初の自動車メーカーになることを目指しています。

ボルボ・カーズのホーカン・サムエルソンCEOは、「二酸化炭素排出量を継続的に削減していく中で鉄鋼がさらなる進歩のための主要分野であることはわかっています。SSAB社との非化石スチール開発により、当社のサプライチェーンにおいて大幅な排出削減が可能になります」と述べています。

SSAB社の社長兼CEOであるマーティン・リンドヴィストは、「私たちは、最終顧客に至るまで、完全に化石燃料を使用しないバリューチェーンを構築しています。私たちの画期的な技術は、カーボンフットプリントがほとんどなく、顧客の競争力強化に貢献します。ボルボ・カーズと協力して、未来の車のために化石燃料を使わない鉄鋼製品を開発することを目指しています」と述べています。

世界の鉄鋼産業は、現在、原料炭に依存した高炉を用いた鉄鉱石ベースの製鉄技術が主流であることから、世界の直接炭素排出量の約7%を占めています。

ボルボ・カーズの場合、自動車に使用される鉄鋼生産に関連するCO排出量は、自動車に使用される部品の材料や生産に伴うCO排出量全体のうち、従来型の車で約35%、電気自動車(BEV)では約20%に相当します。

SSABとのコラボレーションは、自動車業界で最も野心的なボルボ・カーズの総合的な気候行動計画に関する最新の取り組みです。この計画の中心となるのは、2030年までに完全な電気自動車ブランドとなり、純粋な電気自動車のみをラインアップするというボルボ・カーズの目標です。

この目標を実現するための計画は、全面的な電動化によるテールパイプからの排出量の削減にとどまらず、ボルボの広範な事業活動、サプライチェーン、材料のリサイクルと再利用による二酸化炭素排出量の削減にも取り組んでいます。

短期的には2018年から2025年の間に、自動車1台あたりのライフサイクルにおけるカーボンフットプリントを40%削減することを目標とし、2040年までに、気候中立(実質排出ゼロ)な企業となることを目指しています。

編集者への注意事項

  • SSABは、石炭の代わりに水から生成した水素と化石燃料を使わない電力を使用するHYBRIT技術により、スウェーデンのCO排出量を10%、フィンランドのCO排出量を7%削減することを目標としています。

2020年のボルボ・カー・グループ
2020年度のボルボ・カー・グループの営業利益は85億SEK(スウェーデン・クローナ)(2019年度は143億SEK)を記録しました。売上高は2,628億SEK(前年2,741SEK)に達しました。2020年通年の世界販売台数は661,713台(705,452台)で、2019年と比較して6.2%の減少となりました。

ボルボ・カー・グループについて
ボルボ・カーズは、1927年に創業した高級自動車ブランドの一つで、2020年には約100カ国で66万1713台を販売しています。2020年12月現在、ボルボ・カーズの正社員は約40,000人(前年41,500人)で、ボルボ・カーズの本社、商品開発、マーケティング、管理機能は主にスウェーデンのイェーテボリにあり、アジア太平洋地域本社は中国・上海にあります。主な生産拠点は、イェーテボリ(スウェーデン)、ゲント(ベルギー)、サウスカロライナ州(米国)、成都および大慶(中国)で、そのほかショブデ(スウェーデン)と張家口(中国)にエンジン工場があり、オルフストローム(スウェーデン)に車体部品工場があります。
ボルボ・カーズは、企業目標「Freedom to Move(モビリティの自由)」のもと、個々のニーズを満たせる持続可能で安全なモビリティをお客様に提供することを目指しています。この目標のもと、今後5年間で電気自動車の世界販売台数を50%にし、500万人のお客様とのダイレクトコンシューマービジネスの確立を目指しています。また、ボルボ・カーズは2040年までにクライメート・ニュートラルを実現することを目標に、CO排出量の継続的な削減に取り組んでいます。

本プレスリリースは、6月16日スウェーデン本社発の翻訳版です

  • Volvo Cars manufacturing plant in Daqing China 01

    Volvo Cars manufacturing plant in Daqing China 01

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Volvo Cars manufacturing plant in Daqing China 02

    Volvo Cars manufacturing plant in Daqing China 02

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Volvo Cars is first car maker to explore fossil-free steel with SSAB 01

    Volvo Cars is first car maker to explore fossil-free steel with SSAB 01

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Volvo Cars is first car maker to explore fossil-free steel with SSAB 02

    Volvo Cars is first car maker to explore fossil-free steel with SSAB 02

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Volvo Cars is first car maker to explore fossil-free steel with SSAB 03

    Volvo Cars is first car maker to explore fossil-free steel with SSAB 03

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Pre-production of the new Volvo S90 in the Daqing manufacturing plant

    Pre-production of the new Volvo S90 in the Daqing manufacturing plant

    企業情報
    画像ダウンロード
  • H kan Samuelsson Volvo Cars chief executive

    H kan Samuelsson Volvo Cars chief executive

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Volvo s new manufacturing plant in South Carolina USA

    Volvo s new manufacturing plant in South Carolina USA

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Pre-production of the new Volvo XC40 in the manufacturing plant in Ghent

    Pre-production of the new Volvo XC40 in the manufacturing plant in Ghent

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Car manufacturing underway at Luqiao manufacturing plant in China

    Car manufacturing underway at Luqiao manufacturing plant in China

    企業情報
    画像ダウンロード