ボルボ・カー・ジャパン2025年にEV販売比率35%へ

企業情報

ボルボ・カー・ジャパン株式会社(代表取締役:マーティン・パーソン、本社:東京都港区)は、2025年の段階で販売するモデルの約35%をEVとすることを目指し、2030年には国内で販売するすべてのモデルをEVのみとすることを発表しました。

昨夜、ボルボ・カーズは、急成長するプレミアム電気自動車市場のリーダーになることを目指し、2030年までに完全な電気自動車メーカーになることを発表しました。それは、2030年に向けて電気自動車(EV)のみを製造し、ハイブリッド車を含む内燃機関を搭載した車を全世界で段階的に廃止することを意味しています。

この発表に伴い、国内においても段階的にハイブリッド車を含む内燃機関を搭載した車に代えEV の販売比率を高め、2025年には35%、2030年には100%を目指します。より具体的には2025年の段階で、年間販売目標25,000台のうち約35%となる9,000台弱のEV販売を目指すことになります。

2030年にすべてのモデルをEV化する第一歩として、昨夜発表されたクロスオーバーEVモデル「C40」を今秋国内導入いたします。新しい「C40」はEV専用モデルとして設計された最初の車両で、ゼロエミッションの未来へ向けたコミットメントの現れでもあります。

「C40」は、既存の「S」「V」「XC」からなるボディタイプとは異なる、クロスオーバータイプのSUVで、緩やかな傾斜を伴うルーフラインと印象的なリアエンドデザインを特徴としています。新しいフロントデザインは、EVボルボの新しい顔を表し、ヘッドライトは最先端のピクセルテクノロジーを備えています。その他、Googleと共同開発されたAndroidオペレーティングシステムを採用した新しいインフォテインメントシステムや、ソフトウェアのアップデートをオンラインにて実施するなど、既存モデルにはない新しい取り組みがなされています。

また、お客様の利便性の飛躍的な向上を図るために、今後導入するすべてのEVモデルはオンライン販売のみとなります。併せて、当初導入する100台の「C40」は新しいサブスクリプションのプランをご用意します。これはボルボ・カーズが掲げる「Freedom to Move(モビリティの自由)」をより具現化する為に、お客様のライフスタイルの変化に合わせ、短期での契約終了であっても追加負担なくクルマを手放すことができる画期的なものです。詳細につきましては今秋「C40」販売開始時にご案内いたします。

ボルボ・カーズにとって「サスティナブル」は、単に電動車のラインナップを拡充するだけではありません。開発、製造、使用、リサイクル、リユース、すべての領域において、包括的な視点から取り組み、2040年のクライメートニュートラルの実現を目指しています。日本国内も秋の「C40」導入に合わせ販売店での再生可能エネルギー活用から具体的な展開を図ってまいります。

  • Volvo C40 Recharge Studio 1

    Volvo C40 Recharge Studio 1

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Volvo C40 Recharge Studio 2

    Volvo C40 Recharge Studio 2

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Volvo C40 Recharge Studio 3

    Volvo C40 Recharge Studio 3

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Volvo C40 Recharge Studio 4

    Volvo C40 Recharge Studio 4

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Volvo C40 Recharge Studio 5

    Volvo C40 Recharge Studio 5

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Volvo Cars XC40 Recharge - details

    Volvo Cars XC40 Recharge – details

    企業情報
    画像ダウンロード
  • Volvo Cars to be fully electric by 2030

    Volvo Cars to be fully electric by 2030

    企業情報
    画像ダウンロード