ボルボ・カーズ2019年度決算 143億SEK(1,638億円)の営業利益を達成

企業情報

ボルボ・カーズは、2019年度(1月-12月)の決算発表を行い、2,741億SEK(スウェーデンクローナ、日本円:3兆1,411億円※)の売上を計上し、2018年度の2,527億SEK(2兆8,959億円)を8.5%上回ったことを発表します。

2019年度の営業利益は、143億SEK(1,638億円)となり2018年度の142億SEK(1,627億円)を0.8%上回りました。キャッシュフローは2018年度の116億SEK(1,329億円)の2倍以上に増加しました。

この結果は、2019年度の世界販売台数が6年連続で過去最高記録を更新し、創業以来初めて70万台を突破したことによるものです。 

2019年度下半期の利益、及び利益率は、共に前年同期を上回りました。下半期の収益はSUVをはじめとする販売台数の継続的かつ堅調な伸びに加え、2019年初頭からのコスト効率化により牽引されました。

営業利益率は5.2%で、2018年度は5.6%でした。

ホーカン・サムエルソン代表取締役社長兼CEOは「2019年は、企業としての変革を進めながら堅調な財務結果を達成し、昨年に続き成長の年となりました。コスト効率化による効果を、特に下半期に確認できたことを嬉しく思います。」と語っています。

6年連続となる過去最高販売台数の更新は、全主要市場での好業績や複数の国別の記録的なセールスの達成によるものです。ボルボ・カーズは、自動車市場が世界的に停滞する中、中国・米国・ヨーロッパで引き続きシェアを伸ばしました。

中国では、18.7%増の154,961台を販売し、市場全体の伸張率を大きく上回りました。これにより中国での販売記録だけでなく、国別の年間販売台数でも過去最高を記録しました。

米国では、10.1%増の108,234台を販売し、2007年以降初の10万台超を達成しました。
 
ヨーロッパでは、特にドイツの販売台数が史上初の5万台超となるなど好調な実績を記録しました。更にイギリスでも1990年以来の高い販売台数を記録しました。

そのほか、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、チェコ、ハンガリー、韓国、ポーランド、ポルトガルなどの各市場にて、過去最高となる販売台数が記録されました。

その他、2040年までにクライメートニュートラルな企業になることへの表明、ボルボ初となる電気自動車「XC40 Recharge(リチャージ)」の発表、また、充電可能なプラグインハイブリッド車や電気自動車の販売を加速させるために、新たな「Recharge」カーラインナップを導入しました。

■ボルボ・カーズ2019年度決算詳細
https://investors.volvocars.com/~/media/Files/V/Volvo-Cars-IR/results-center/2019/volvoq42019report.pdf

■決算発表の模様(日本時間2月6日18時開催)
https://live.volvocars.com/

※1SEK=11.46円で換算

 

本プレスリリースは、2月6日スウェーデン本社発の翻訳版です

  • 262103_Volvo_Cars_SUV_range

    262103_Volvo_Cars_SUV_range

    企業情報
    画像ダウンロード
  • 199902_H_kan_Samuelsson_-_President_CEO_Volvo_Car_Group

    199902_H_kan_Samuelsson_-_President_CEO_Volvo_Car_Group

    企業情報
    画像ダウンロード