ボルボ「XC40」の一部仕様および価格を変更

製品情報

ボルボ・カー・ジャパン株式会社(代表取締役社長:木村隆之、本社:東京都港区)は、プレミアム・コンパクトSUV「XC40」の一部仕様と価格を変更して3月25日(月)より発売します。

今回の仕様変更では、後方の死角から近づく車両を知らせる運転支援機能 「BLISTM(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」に60 / 90シリーズですでに導入されているステアリング・アシスト機能が追加されました。車線変更や自車線からの逸脱により、隣接車線の後方を走行する車両と衝突する危険が生じた場合、ステアリングを修正し、衝突回避をアシストします。また、駐車操作を補助する「パーク・アシスト・パイロット」に被害軽減ブレーキの新機能が追加されました。駐車中にセンサーが車両前後の予想進路内で車両または歩行者を検知した場合、自動的にブレーキがかかり停止します。

3月25日(月)以降の希望小売価格は下記の通りです。